NPO法人で設立後検討中の方は知らなきゃ損する豆知識

特徴と設立方法

NPO法人の特徴と設立の方法とは

NPO法人は、設立できる法人の中で、公益事業などを行うものを指します。株式会社や合同会社なども法人ですが、これらの法人が利益を追求する目的であるのに対して、NPO法人は主に非営利事業を行うという点が特徴の一つと言えるでしょう。なお、設立に関しては特定非営利活動促進法に基づいています。この法律のことを「NPO法」と呼ぶこともあります。

主に非営利事業を行う団体だというのが最も大きな特徴なのですが、非営利であると言うことは収益を発生させないという意味ではありません。お金をもらわないで活動しなければならないという意味ではなくて、お金をもらっても良いという点は理解しておかなければなりません。営利の団体というのは株式会社や合同会社のことを指します。これらとの違いは利益の分配がないことです。会社を設立する目的は、あくまでも利益を求めることです。いくらか出資して会社を作ったのなら、出資した金額を超えるだけの収益がもたらされることが目的となります。その見込みがあるかどうかで出資するかどうかと言うことが決まるわけです。出資した人には利益が分配されます。これが営利目的の事業だと言えるでしょう。ですから、NPOが収益を得て、そして利益が発生したとしても、それを分配しなければ問題はありません。では、それをどうすれば良いのかというと、次の事業年度の予算として繰り越すことが多いです。無理して経費として使わなければならないわけでもありません。また、従業員を雇ったり役員に働いてもらったりした場合には、その労働に見合った給与を支払うのは当然のことだと言えるでしょう。これらは必要経費として認められていますから、NPO法人から給料をもらって生活することには何も問題はないのです。非営利というと、一切稼いでは