NPO法人で設立後検討中の方は知らなきゃ損する豆知識

まちづくりについて

NPO法人の設立とまちづくりについて

NPO法人は多くの人に知られている団体です。世の中には様々な目的で様々な種類の団体が設立されますが、その中でも非営利団体として非常に高い知名度を誇っています。この様な分野に関心があまりない人であったとしても名前くらいは聞いたことがあるというのがNPO法人の強みであると言えるでしょう。利益を追求する一般的な企業の活動とは異なり、NPO法人の場合には公益性の高い活動を行っているというのが一般的であると言えます。この様な活動を行う団体としては、NPO法人が代表的な存在であると言えます。
NPO法人の活動内容については法によって20の分野のいずれかに分類されることが求められていますが、まつづくりの推進を図る活動はその20の分野の一つとして数えられています。まちづくりという非常に幅広いニュアンスを含む表現については、都市の開発や地域の活性化、そして地域のコミュニケーションなどの活性化を目的とした活動等がかなり幅広く含まれることになるでしょう。かなり大雑把に言えば街や地域にとって、何らかの大きな影響を期待することが出来る内容であればこの分野に該当するものであると言えます。NPO法人の場合には幅広く不特定多数の対象に対しての活動であることが必要であるとされていますので、あまり対象を必要以上に限定し、絞らないようにすることも重要な要素であると言えます。
具体的な事例を挙げるとすれば、古くから続く街並みを保存するための活動などを目的とする場合が考えられます。他にも地域の商店街の活性化を目的とした様々な活動や、地域のコミュニティを維持したり火星化させるための仕組みはNPO法人設立に関わるまちづくりの推進を図る活動に分類されることになるでしょう。この他にも地域振興のための調査活動や地域情報誌発行等の活動を行うために設立する団体もNPO法人の求める基準に合致する場合があります。老朽化したアパートやマンションは地域の課題になることが少なくありませんが、その様な物件の再生等に関するコンサルティング業の中にはNPO法人が存在することが知られています。法によって定められている内容としては非常に幅広くまちづくりの推進を図る活動となっておりますので、具体的にNPO法人の設立が可能であるという活動目的は非常に幅広く認められていると言えるでしょう。この様な活動の方向性に加えて組織作りが適正に行われることによって設立が認められます。